インターネットのQ&Aページを確認すると

消費者金融によりけりですが、ユーザーを増やす目的で、名の通った業者では債務整理後が問題視されダメだと言われた人でも、取り敢えず審査をやってみて、結果如何で貸し付けてくれる業者もあるそうです。 傷が深くなる前に対策を打てば、長い期間を必要とすることなく解決できると思います。一刻も早く、借金問題解決...

理想を追っていてはお金の苦労はなくならない

わたしが生まれた時にはわたしの両親は自営業で、朝から晩まで仕事に精を出していました。それからもずっと現在に至るまでわたしの両親は同じ仕事をし続けてきているので、わたしは両親の仕事に対する姿勢を見て育ちました。 やればやっただけの収入を得ることができる自営業という仕事に興味が出たのは、わたしがまだ...

妹に海外一人旅の資金を貸したこと

旅行好きの妹がいるのですが、その妹が学生時代最後の思い出に、と海外一人旅をすることになりました。 しかし先立つものがない。ということで、当時働いていた私に借金を申し入れてきました。私もそんなに余裕のある生活をしていたわけではないのですが、こんな自由な旅行に出られるのは学生時代しかないだろうし…とい...

お金に対する友達の考え方は素晴らしい

もう何十年のも付き合いのある友達とある日買い物をしていて会計時に財布の中のお金が数千円足りない事に気づきましたそしたらその友達はすぐに貸してくれ「次に会う時に返すね」で話は終わりました。そして次に会った時、いけない事に借りたお金を渡し忘れてしまったのです。すぐに電話をして謝るとその友達は「大好き...

キャッシングを申し込んでよかったこと

お給料が少なく苦労していた時に、キャッシングの申し込みをしてしまいました。 借金をしての生活は初めてだったのですが、イメージと違って親切丁寧に女性の方が電話で対応してくれ、とてもスムーズでした。 いざキャッシングカードが届き、必要な分だけ使おう使って返そうと思っていました。 引き落とし 残高不足 ...

主人のおじい様から頂いたお祝い金

主人と結婚する時に、500万円という大金をお祝い金として頂きました。 これは、主人のおじい様が土地を売ったお金の一部から用意してくださったお金でした。このお祝い金を頂く時、おじい様からは「若い時は何かと苦労した方がいい。お金のことに関しても、何にしても。でももし、どうにもお金が足らなくて苦しい時には...

決してバカにできない子供の頃のお手伝い

私が最初に働いてお金を得た方法は母親のお手伝いです。 買い物や部屋の掃除など誰にでもできるお手伝いで、10円単位でお金をもらっていました。子供の頃はたかが10円もらえるだけでもかなり嬉しかったのをよく覚えています。1日100円稼げるだけでもひと月で3000円になります。 このお金を目標に必死になってお手伝い...

このページの先頭へ